【成都太古里】スタバの海外限定ベアリスタ・パンダが世界で唯一購入できるオシャレで洗練されたモールのご紹介

旅のこころ

 

2019年4月に中国・成都へ旅行した際、スターバックスのベアリスタでも世界でたった1カ所でしか販売されていないという、パンダバージョンを購入してきました!

 

ベアリスタとは、スタバにて不定期で販売されるクマのぬいぐるみ。
ベア+バリスタ=ベアリスタってことのようです。

 

レア?パンダをまとったベアリスタ

 

リコシェは特にベアリスタを集めているわけでも、もっというとぬいぐるみ自体買わないという冷血人間(?)なのですが、パンダが好きなのと、クマでありパンダでもあり…というのに惹かれ、購入してきましたのでご紹介いたします☆

 

後述しますが、購入場所は成都遠洋太古里というモール。

繁華街側から徒歩にて向かってまずたどり着く入り口からすぐの場所にスタバはあります。

ちょうど画像奥にバスが見えているのが道路で、入り口もそのあたりとなります。今回わたしも迷わずにすぐにスタバを発見できたどり着けましたよ。

バスの向こうにはヨーカドーの看板も見えますね!
 


 

あるかな~あるかな~?とドキドキしながら店内に入ると、すぐに籠にモリモリ盛られたパンダベアリスタが視界に飛び込んできました!
パンダ部分は帽子になってるんですね、脱がすとクマです笑。
 

 

パンダって中国語で大熊猫。ってことを考えるとニヤリとしちゃいます♪

 


 
ちなみに、成都のスタバのスイーツ周辺メニューはこんな感じ。
日本でもスタバスイーツはあまりいただかないのですが、新鮮なラインナップに心惹かれましたが頑張ってスルー。

 

 


 

ってことで、たくさんいるパンダベアリスタの中から可愛い子を選んで連れて帰ることに!

レジ待ちの間にパシャリ☆って、よく見たら糸が出てる…まあ切っちゃえばいいですもんね。
 

それはそうと、成都は(というか中国は?)その土地のものはとってもお安いのだけど、輸入ブランドなんかはお高いんですよねー。
スタバでいうとドリンクなんかは日本と変わらぬお値段!他のドメスティックなお店だと半額くらいでいただけちゃうことを考えると、すっごく贅沢品。

なのにとっても盛況で、日本並みに列が出来ていました。

 

さて、お値段は?

ところで…ベアリスタにプライスカードがなくて!!

でもビックリするほどお高くはないでしょう~と、いちかばちかでぶっつけ本番(?)購入です。
そしてレジに打ち出された金額は、158元

2019年4月訪問時のレートは1元=17円でしたので、日本円で約2,686円でした

 

想定内です、よかった♪

 

 

そして帰国後にも記念撮影をー。
ブラックエプロンというのがニクイ!そしてエプロンには成都 太古里店と刺繍がありますね。

 

後ろ姿も~。

パンダを脱ぐと

クマです!笑

 

成都遠洋太古里という大型ショッピングモール

 

 

ところで、成都は中国三国時代には都として栄えましたが、また四川省の省都ではありますが、ちょっと地味目なイメージ?パンダくらいしか思い浮かびません(って、わたしがパンダに目がないだけかな…笑)。
そんな成都へはパンダ目当てで行ってきたのですが、スタバのベアリスタ目的で寄ってみたモールが素晴らしかったのでご紹介いたします。

出来ることなら1日中入り浸っていたかった!
 

モールの名称は成都遠洋太古里、成都一の繁華街『春熙路』エリアにほど近い場所にあるショッピングモールです。

ショッピングモールといってもいろいろあれど、造りとしては日本のアウトレットモールのような感じに近いでしょうか…低層の建物が広い敷地に、通路もふんだんに確保しつつ展開されています。
また、建物も、中国の古い様式を模したもので雰囲気抜群!
夜だと更にライトアップで美しいようですよ、今回は断念ー。

 

位置はこちら。

 

春熙路にはイトーヨーカドーや伊勢丹もあるのですが、そこから徒歩5分もかからず到着。
現地に近づいてくると、賑やかな春熙路に近いにも関わらず急に空気が変わった気がします。

洗練された雰囲気をすぐに察知!


 

大慈寺というホンモノのお寺を囲むかたちでモールが配置されてるんですよね~でも雰囲気は一致、本当に面白い!

 

日本ブランドもありますよ。
海外最大スケールの無印良品(カフェもアリ)やユニクロ、そしてABCクッキングスタジオなど。

 

無印も大きな店舗ですが(撮影難しい造り)、Appleもすごかったー。

とにかく勢いが感じられるブランドラインナップを、公式サイトでご覧になってみてくださいね♪

 

モール内の素敵カフェ・MI XUNでお茶を

 

モール内ではスタバに寄ったのと、敷地内をサクっと1周したのと(いや…広大すぎて全部は周れなかった…)、あと休憩のお茶をしてきました。

そのティールームもすっごく素敵で♪

 

モールの敷地内にはTHE TEMPLE HOUSEという素敵ホテルもあるのですが、そのホテル運営のお茶室が、こちらMI XUNです。

 

 

エントランスを入ると、視線の先にこちらが♪

テラスと屋内とどちらにする?と訊かれ、迷わずテラスをお願いしました。
成都には珍しく(曇天が定番らしい)快晴の日だったため暑かったのだけど…。でも素敵すぎて大満足です!


 

そしてジャスミン茶を(飲みかけですみません…)。
お茶請けのミニスイーツもとっても美味しかったです。

 

こちらでのお会計時のレシートが見当たらないので正確な金額は失念。
お茶とスイーツで、日本円にして1,800円くらいだったと思います。

成都はお茶文化が盛んで、公園などでも気軽にお茶の飲める青空茶室みたいなトコがあり、100円とか?(種類によってはそんなにしない?)そういう価格でお茶が頂ける中、こちらは高級店ですよね。

それでもお店も素敵で店員さんも親切で、お金どうこうで換算できない体験ができたので、伺ってよかった~って思います。

次もまた行っちゃうかも♪

 

 

まとめ

 

スタバのベアリスタ目的で伺った成都遠洋太古里の、あまりにも洗練された巨大空間にビックリ!
その後、あまりにも度肝を抜かれたわたしはいろいろ調べている中で、ひとりっぷさんという超有名な旅ライターさんが『自分の中で世界で一番なモール』というようなことをおっしゃっていたので、同感同感☆と、世界を見てもいないわたしですが思っちゃいました笑。

 

次回成都に伺うときには、こちらのモールのために1日ブラブラする日を設けたいと誓いながらあとにしたのでした…。

近いうちに実現目指します!!

 

旧ブログですが(名前も違いますが)、成都旅のパンダ記事です。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました